ビジネスクラス飛行機、豪華ホテルのリッチな旅行をするためのマイルや各種ポイントのため方、クレジットカードの選び方など

ミケテンのよもやまばなし

外食・料理・お酒など

お手軽で簡単!失敗しない!ローストビーフ!

更新日:

おはようございます。

みなさまは、健康に留意されていますか?

素敵な体系を保つためには、栄養バランスを意識した食事がとっても大切です。
炭水化物、蛋白質、脂肪、ミネラルとビタミン。
毎日、30種類ぐらいのことなる食材をとりいれるのがいいですね。
あとは、日々の運動ですね。
30分程度の有酸素運動(ウォーキング)等と自重レベルでの軽い筋トレをお勧めしています。

でも、やっぱり、お肉っておいしいですよね。
たまたまテレビで行列ができるローストビーフ丼の話題がでてました。

体型を維持しており、体重の増加を防ぐ目的で、炭水化物を控え気味にしています。
ローストビーフには興味がありますが、どんぶりにはあまり興味がないのですよね。
お店に食べに行ってもお肉だけ食べるわけにもいかないし。。
(そういえば、一時期、お寿司屋さんで、ネタだけ食べる人が問題になってましたね。)

というわけで、

今日の話題は、ローストビーフをつくろう!

ローストビールはとってもおいしくて大好きなのですが、外で買うと意外と値段が高かったり、味がいまいちだったり、なかなか当たり外れがあるように思います。

かといって、評判のローストビーフ丼は、結構、またされますし、上述の通り、ごはんはいらないし。。。

自分でつくれば、好きなワインと一緒に自宅でのんびり食べれてお財布にも優しい。
そしてなりよりもたくさん食べることができます。
というわけで、昨夜は、ローストビーフを作ってみました。

材料は、コストコで購入した牛肉(ミスジ)の部分です。

ミスジって、あんまり聞きなれない部位ですよね。
このお肉は、人間でいう肩(牛だから前足)の肩甲骨の内側のお肉。

あんまり動くところではないので、非常に柔らかいんですよ。
1頭から取れる量が少ないので、わりと珍しいお肉ですね。
ローストビーフには、どのお肉がいいか、いろいろと試してみましたが、この部位が間違いなく簡単で、おいしくできると思います。

さて、つくってみましょう!

材料
牛ミスジ肉かたまり 1㎏ぐらい
塩、こしょう(クレイジーソルトがおすすめ)
オリーブオイル、

調理
1.お肉は、幅5㎝程度の塊にして、先に30分ぐらいほっといて常温にしておきましょう。
そのほうが出来上がりがやわらかくなります。

その後、適当に塩コショウ、オリーブオイルぬりぬり。
適当にハーブとか、レモン加えても、何してもOK
そして、キッチンペーパーで、くるんで常温で30分ほど放置。

2.お肉の余分な水分をふき取っておきましょう。

3.フライパンに油をひき、強火で焼きましょう。
適当でOK.どの面もこんがりとね。
中に火が通っていなくてもOKですよ!

この時点で、おいしそうなんですが、ぐっとがまん。

4.サランラップにくるんで、そして、ジップロックにいれて、空気をぬく。

5. 大きな鍋にいれて、70度ぐらいのお湯で浸す
弱火(IHだと楽勝)で、30分放置

炊飯器の保温機能を使う人もいますが、なんとなく抵抗感があってお鍋を使ってます。

6.とりだして、ちょっと常温で放置。その後冷蔵庫へ。

じっと我慢で冷蔵庫に冷やしておくのがいいですね。
熱いままで切ってみたら、うまく切れないので寂しくなります。

切ってみたのが、こちら。


中が赤みがありますが、しっかり火が通ってます。
むちゃ、柔らかくておいしすぎ!

みんなが集まるパーティ料理としても、メインの一品になりえます。
以上、お手軽で、簡単、失敗しないローストビーフでした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。








-外食・料理・お酒など

Copyright© ミケテンのよもやまばなし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.