Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ビジネスクラス飛行機、豪華ホテルのリッチな旅行をするためのマイルや各種ポイントのため方、クレジットカードの選び方など

ミケテンのよもやまばなし

よもやまばなし

ダイエットに最適、メーカーズ・マーク!スコッチとバーボンの違い

更新日:

温かい季節になると、お酒も冷たいものがよくなります。
晩御飯時に、晩酌でお酒のあてばかり食べているミケテンです。
自宅が居酒屋化しております。

でも、体重過多のため、炭水化物は控えるようにしています。
日本酒大好きなんですが、糖分もそれなりに含まれています。
焼酎やウィスキーなどの蒸留酒は糖分が少ないのでダイエットにも最適課と思います。

冬場は、焼酎のお湯割りが多かったのですが、ちびちびとウイスキーのロックをいただくのも悪くありません。
というわけで、たまたまの縁がありバーボンを買ってみました。


アメリカのクラフトバーボンのメーカーズです。
久しぶりにバーボンを飲んだ気がします。
ふと気になり、バーボンとウイスキーってなにが違うのか知りたくなりました。

えっ、バーボンってウイスキー?
調べてみると、バーボンもスコッチも、みんなウイスキーなんですね。

何が違うんだろう?
蒸留酒ってことしかはっきり知らなかったです。
(蒸留酒には、それ以外にも焼酎やウォッカ、ブランデーなど、一般に度数が高いものが知られています。)

そこで、Google先生に教えていただこうと、ググってみました。

1.そもそもウイスキーって、

ウイスキーは、大麦や小麦、ライ麦、トウモロコシなどの原料を発酵させ、蒸留した後に樽で熟成させたもの。

2.それでは、スコッチって?

スコッチは、スコットランドで作られているウイスキー。
世界には、五大ウイスキーの産地がある。
スコットランドであるルール(原材料、樽の種類など厳格にきめられています)を守って作ればスコッチと名乗ってもOK.
ビールと、発泡酒、第3のビールみたいな感じみたい

ちなみに、5大ウイスキーとは、
スコットランド(スコッチウイスキー)
アイルランド(アイリッシュウイスキー)
アメリカ(アメリカンウイスキー)
カナダ(カナディアンウイスキー)
日本(ジャパニーズウイスキー)

の5ヶ国らしい。
日本のウイスキーも世界の5大産地の一つに入っているのですね。
すごいぞ!日本!
やはり、サントリーとニッカの力はすごかった!

3.それでは、バーボンは?

原材料はトウモロコシが多い。
現残地はアメリカ。
アメリカンウイスキーと呼ばれる。

バーボンにも生産にはいろいろ決められたルールがあるみたいです。
バーボンはケンタッキー州が一大産地のようですね。
ちなみに、ケンタッキー州にはバーボン群があります。
それが名前の由来になっているようです。
(昔はそこで作られていました。)

それで、バーボンって名前なんですね。
地名なのは知らなかった。

4.それでは、違いって?

要は原料の違い、蒸留方法の違い、熟成樽などが違うみたいです。

今回調べて一番の驚きは、スコッチとバーボンは、同じウイスキーなのに英語のスペルが違う!

スコッチは Whisky
バーボンは Whiskey

改めて、アメリカンウイスキー、バーボンのメーカーズのボトルを見ると、


Whiskyって、スコッチじゃん!

調べてみると、メーカーズはアメリカで作られているバーボンですが、創業者がスコットランド系らしく、Whiskyと記載されているとのこと。
一つ賢くなりました。

ウイスキーをはじめ、蒸留酒はダイエットにも最適です。
飲みすぎないよう、そして食べすぎないようにお酒ライフを楽しみたいものですね。

今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。







-よもやまばなし

Copyright© ミケテンのよもやまばなし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.