Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ビジネスクラス飛行機、豪華ホテルのリッチな旅行をするためのマイルや各種ポイントのため方、クレジットカードの選び方など

ミケテンのよもやまばなし

外食・料理・お酒など

ニトリのスキレットで、目玉焼きもごちそうに

更新日:

おはようございます。

みなさまはごはんを作っていますか?
私は料理が大好きです。
食べるのも好きですが、作るのも好きです。
特にアウトドアで食べる料理が大好きです。

昨日は休日なので、朝ごはんにのんびりとスキレットで目玉焼きを作ってみました。
当たり前ですが、ソーセージと目玉焼きなので、とっても簡単な朝食です。
でも、スキレットで食べると、ちょっとアウトドア感がでて、うれしくなります。
アツアツのまま、テーブルにサーブできますから、おすすめですよ!

さあ、全国のお父ちゃん、可愛い奥さんと子供につくってあげましょう!

作り方

最初に油をひいて鍋をあたため、ソーセージをキッチンバサミでちょっきんちょっきん!
ソーセージの両面を軽く焼き色が付くまで焼きます。
その後に、ソーセージを橋のほうに寄せて卵をいれ、小さじいっぱいぐらいのお水を加えて蓋をします。

2分ぐらい弱火で加熱したらできあがり。
そのまま、食卓へ。

スキレットって、食材の美味しさを最大限引き出してくれますね。


たったこれだけのことですけど、なかなかアウトドア感ありますね。

まず、最初にスキレットについて、まとめておきましょう。

スキレットって?
スキレットは鋳物のフライパン。

ちなみに鋳物というのは、型に流し込んで作る金属製品のこと。
鉄を溶かした物が一般的です。

スキレットは熱の保持能力がとってもよいのです。
これは、ステンレス製とかに比べると全く違います。
熱いものを熱いままにキープできるのが利点ですね。

これは、ステンレス製の鉄板では、見られない効果ですね。
また、分厚い鉄板は、お肉をじっくりと焼き上げてくれます。
もちろん、お肉料理だけでなく、どんな料理もおいしく出来上がります。

また、そのまま食卓にサーブできますので、洗い物も減ります。
可愛い鍋敷きの上に、おいておくだけでもおしゃれですよね。

どこのメーカがおすすめ?

アウトドア専門メーカー、食品機器メーカーなど、いろいろなメーカーがスキレットを販売しています。
Lodgeとかキャプテンスタッグとかいろいろなメーカーが出していますね。
正直、どのメーカーもそれほど大きな差はないようにおもいます。
これらのメーカーはお値段もお安くないですね。

どちらかといえば、安いものでいろいろなサイズのものを持っておくほうがなにかと便利ですね。

私のおすすめは、ニトリです。
いろいろなメーカーを比較検討しましたが、ニトリが結局一番安くていいですね。
「お値段以上、ニトリ!」ですね。

ニトリでは、15㎝が500円、19㎝が800円ぐらいで買えます。
また、鍋の下に引く、コルクや木の鍋受けがあると、そのままテーブルに出せておしゃれですね。

ちなみにIHでも使えます。
BBQでも、網の上において、アヒージョなんかしたらみんなから大評判でした!

そうそう、以前はなかったのですが、最近は、ニトリでスキレット用の蓋も販売しているようですね。
蓋があると、より、圧力鍋的な使い方もできそうで、料理の幅も広がりそうですね。
今度、ニトリに行ったら買ってこようと思います。

さて、使用方法

まず使う前に、シーズニングが必要です。
「シーズニング」とは、表面に油の皮膜を作り、焼く作業です。

とっても簡単、買った好きレットは、洗って、空焚きして、水分を飛ばし、油を塗るだけ。
その後で、くず野菜でもいためればOK.
使用後は、空焚きして、油を塗っておきましょう!

最後にデメリットですが、
やっぱり、ただ、洗った後の手間が少し大変。
あと、重い。
大きなサイズだと、女性には振るのはしんどいかもしれませんね。

できれば、ステンレス製のスキレットがあれば、いいのになぁ。。
SOTOのダッチオーブンみたな物ですね。

それでは、今週も一週間、がんばりましょう!
最後までお読みいただきありがとうございました。







-外食・料理・お酒など

Copyright© ミケテンのよもやまばなし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.