Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ビジネスクラス飛行機、豪華ホテルのリッチな旅行をするためのマイルや各種ポイントのため方、クレジットカードの選び方など

ミケテンのよもやまばなし

外食・料理・お酒など

レンジで出来立てポップコーン!ポップコーンができる仕組み、はじける仕組み

投稿日:

年末に向けて、いろいろと整理中。


ふと、昔、海外のホテルに泊まった時に頂いたもの発見。





レンジで簡単にできるポップコーンですね。


裏に作り方が書いてあります。





簡単には、端を切って空気穴を作って、適当にレンジで加熱。



簡単に出来立てのポップコーンが食べれます。






ちょっと検索してみると、



最近では、どこでも売ってるんですね。



でも、これって、どうやって破裂するのか?


家で、コーンを加熱しても破裂したことはないですから。


考えたことなかったので、検索してみました。


すると、以下のサイトがわかりやすい。

ポップコーンが弾けるしくみ


ポップコーンができる仕組み


まず、通常のトウモロコシではだめで、ポップ種(爆裂種)という専用のとうもろこしが必要。


普通のスイートコーンは外殻(外の皮)が薄く柔らかい(だから食べやすい)。


一方、ポップ種の外殻は厚く硬いのではじけることが可能。


ポップコーンが弾ける瞬間は、水蒸気爆発。


ポップコーンができるまで


満遍なく加熱


とうもろこし内部の温度を満遍なく上げていく必要があります。


フライパンを揺すったり、バターを入れるのは満遍なく温度を上げるため。


水分が水蒸気に


とうもろこし内部の水分は100度で水蒸気に。


しかし、とうもろこしの外殻は固いので、爆裂させるためには、表皮を180℃近くまで上昇させるそう。


水蒸気爆発


約180℃に達するころ、とうもろこしの内側から約1万ヘクトパスカルの圧力が外殻に。


すると、圧力に耐えきれなくなった外殻がはじけて割れて「ポン!」と爆発音を発して弾けます。


圧力低下と収縮


爆発と同時に圧力の急降下。


この圧力低下により粒の中身のでんぷんが膨張してポップコーンが完成。

(ポップコーンが弾けるしくみより)




なるほどでした。


ポップコーン用のトウモロコシがあるのですね。


家に買っておいて、少しずつ、食べたいだけバターを加えてその都度、作るのがおいしそう。


また、いろいろ挑戦してみたいと思います。







-外食・料理・お酒など

Copyright© ミケテンのよもやまばなし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.