Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ビジネスクラス飛行機、豪華ホテルのリッチな旅行をするためのマイルや各種ポイントのため方、クレジットカードの選び方など

ミケテンのよもやまばなし

よもやまばなし

大阪伊丹空港リニューアル、関西空港と神戸空港との一体運営に期待

投稿日:

大阪伊丹空港が約50年振りとなる大規模なリニューアルしましたね。
というわけで、見学に行ってきました。

簡単にいうと、ANA、JALと別れていた到着口が中央に集約されました。
そして、ANA、JAL両ターミナルをむすんでいる中央エリアにあたらしい店舗がたくさんオープンしたこと。
最後に、屋上展望デッキがリニューアルされ、きれいになりました。

歴史を調べてみると、関西国際空港完成(1994年)まで、国際空港でした。
そのため、国際線用のターミナルと国内線用のターミナルが分かれていました。
国際空港でなくなってから、JALとANAがそれぞれのターミナルを運用していました。
そのため、JAL側の出口とANA側の出口が分かれていました。

モノレールまでも両ターミナルの出口から遠かったんです。
飛行機に乗る人と、降りてからの人がすれ違うところが多く混み合ってました。

今回のリニューアルで、往路と復路の動線がわかれ、歩きやすくなりました。
到着口からのリムジンバスの乗り場も真ん中部分に集約され、モノレールまでもスムーズに進めるようになったのが特徴化と思います。

さて、見ていきましょう。モノレールを降りて、改札すすみいつものようにすすんでいくと、これまでずっと工事中で右側(JAL側)に行かなければいけなかったのですが、あたらしく左側(ANA側)にも進めるようになりました。


一階にエスカレータで降りていきます。
今回のリニューアルは、主に一階部分みたいです。

たくさんのレストランができているようです。


一階の中央に、ターンテーブルが配置されてました。
どうも、ANAもJALもこちらから荷物をピックアップするようですね。


ここからリムジンバス乗り場、モノレール乗り場まで、スムーズに行けますね。

ちょっとJAL側へ



直接、北側のJAL側につながってます。



ANA側にくとホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド直営の「ル・パン神戸北野」がありました。



他にも30近い店舗が新しくできているようです。
とくに、「大阪エアポートワイナリー」では、ワインの醸造所が併設されており、将来はここで醸造したワインが飲めるらしい。

もちろん、大阪といえば、「551蓬莱!」もありました。

エスカレーターで2階へ。
こちらは、まったくかわってなし。

3階の展望デッキへ。



完全に工事が終わっていませんが、きれいになってます。
すこし、展望デッキが滑走路側に拡張した雰囲気。
かなり解放感がありますね。

飛行機もみれます。


ずっと見てられそうですね。
でも、これまで大好きだった、飛行機にアクセスするいろいろな作業車があまり見えない。
荷物を運びこむ様子とか、ガソリンを入れる様子なんか、見るのが大好きだったんですよ。

まだまだ、内部のリニューアルは続くそうです。
神戸空港、関西国際空港、そして大阪伊丹空港の三位一体運営となり、これからの関西の航空網の発展は、楽しみですね。










-よもやまばなし

Copyright© ミケテンのよもやまばなし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.